浄土真宗の教え
HOME > 浄土真宗の教え > 真宗大谷派について

真宗大谷派について

浄土真宗の一派で、真宗本廟(京都・東本願寺)が本山です。

真宗本廟は、親鸞聖人があきらかにされた本願念仏の教えに出遇い、それに依って人として生きる意味を見い出し、同朋(とも)の交わりを開く帰依処・根本道場として、聖人亡き後、今日にいたるまで、数限りない人々によって相続されてきました。 親鸞聖人は、師・法然上人との出遇いをとおして、「生死出ずべきみち」(生死の問題をのりこえる道)は、「往生極楽のみち」(念仏の道)として見い出されました。

本尊 阿弥陀如来
正依の経典 仏説無量寿経(大経)
仏説観無量寿経(観経)
仏説阿弥陀経(小経)
宗祖 親鸞聖人
宗祖の主著 顕浄土真実教行証文類
(教行信証)

本山 真宗本廟(東本願寺)
所在地 京都市下京区烏丸通七条上る
常葉町754番地