聞法コラム
HOME > 聞法コラム > 寿命

寿命

 グリム童話のなかに『寿命』という童話があるのを聞きました。天の神がこの世に生き物を作られました。あらゆる生き物に三十歳の寿命を平等に与えてやろうとされました。最初にやってきたのはロバでした。ロバに寿命を三十年やると言ったら、ロバはとんでもない、あなたは私の一生がどんな一生かわかっていますか。毎日重い荷物を背負って尻を叩かれて、一生懸命運んで、草しかもらえない。そんな生活が三十年続くなんてとんでもない。もっと短くしてほしいと頼んだそうです。それで神様はそれならかわいそうだということで、十八年の寿命にされたそうです。
 次に犬が来ました。犬にも三十年の寿命をやると言ったら、犬もとんでもないと言いました。走りたくないのに走らされたり、ちょっと年をとるといくら吠えても誰もこわがってくれない。歯はぬけて食べられなくなる。やはり辞退して十二年に縮まったそうです。
 三番目に猿が来ました。猿も三十年と聞いて、とんでもないと言いました。こんなおかしな顔に作られて、いつも人を笑わせて生きなければならない。こんな生活が三十年続くのはごめんだと言いました。結局、猿は十年の寿命になったそうです。
 最後に人間が来ました。人間に対しても神様がお前たちもみんな平等に寿命を三十年与えてやると言いました。すると人間は、とんでもない、そんなに短くては困る。これから楽しむと思うときに死なされたらたまらない。もっと延ばしてくれと言いました。それで神様はロバの十八年をお前にやろうと言いました。まだまだ。それなら犬の十二年をお前にやろう。まだまだ。では最後に猿の十年をお前にやろうと。それで結局人間の寿命は七十年になったそうです。
 人間は人生七十年だけれども、本当に人間として生きるのは三十年。それからロバの生活が十八年続く。家族のために働きづくめで四十八歳。それから犬の十二年。だんだんと周りの者に文句を言っても誰も耳を傾けてくれない。最後に猿の十年です。なにか人に笑われるようなことばかりして、猿の惨めさを味あわされると。
 さて、私たちは人間ですが、長生きを願って、ふだんは自分が死ぬなどということは思ってもいません。亡くなられた俳優の緒方拳さんが、中国に旅行したとき、とある寺の山門に掲げられた「今日感会 今日臨終」の文字に頭をなぐられたような感じをもたれたそうです。「今日臨終」ということは生死無常のことわりを生きている私たちの紛れもない現実です。そのことに改めて気づかれたのでしょう。そして緒方さんは「今日感会 今日臨終」の言葉を「今日あなたに会えてよかった。でももうあなたと会えないかも知れないね」と受けとめられたといいます。そして一日一日精一杯生きることの大切さを感じられたといいます。
 死を通して生を見つめることの大切さを、仏教は私たちに教えています。いつ死ぬかわからない命、誰にも代わってもらうことのできない命、だからこそそのかけがえのない命を本当に大事に生きていますかと、私たちに先立って亡くなっていかれた方は、身を通してそのことを教えてくれているのだと思います。